一般財団法人 教職員生涯福祉財団
生涯生活設計のススメ私たちの事業トップページサイトマップ
トップページ > TOPICS
TOPICS

■1 平成29年簡易生命表

 平成30年7月、厚生労働省は「平成29年簡易生命表」を発表しました。それによると、男性の平均寿命は81.09年、女性が87.26年と前年と比較して男性は0.11年、女性は0.13年上回っています。
 平均寿命の男女差は、6.17年で前年より0.01年増加しました(表1)。主な年齢の平均余命は、前年を上回っていますが、85歳以上については前年を下回っています(表2)。


【表1】平均寿命の年次推移 (年)

和暦 男女差
昭和22年 50.06 53.96 3.90
25〜27 59.57 62.97 3.40
30 63.60 67.75 4.15
35 65.32 70.19 4.87
40 67.74 72.92 5.18
45 69.31 74.66 5.35
50 71.73 76.89 5.16
55 73.35 78.76 5.41
60 74.78 80.48 5.70
和暦 男女差
平成2年 75.92 81.90 5.98
7 76.38 82.85 6.47
12 77.72 84.60 6.88
17 78.56 85.52 6.96
22 79.55 86.30 6.75
27 80.75 86.99 6.24
28 80.98 87.14 6.16
29 81.09 87.26 6.17

注1:平成27年以前は完全生命表による。
注2:昭和45年以前は、沖縄県を除く値である。

【表2】主な年齢の平均余命

年齢
平成29年 平成28年 前年との差 平成29年 平成28年 前年との差
0歳 81.09 80.98 0.11 87.26 87.14 0.13
5 76.30 76.20 0.11 82.48 82.37 0.11
10 71.33 71.23 0.11 77.50 77.39 0.11
15 66.37 66.26 0.11 72.52 72.42 0.11
20 61.45 61.34 0.11 67.57 67.46 0.11
25 56.59 56.49 0.11 62.63 62.53 0.10
30 51.73 51.63 0.10 57.70 57.61 0.10
35 46.88 46.78 0.10 52.79 52.69 0.10
40 42.05 41.96 0.09 47.90 47.82 0.09
45 37.28 37.20 0.09 43.06 42.98 0.08
50 32.61 32.54 0.07 38.29 38.21 0.08
55 28.08 28.02 0.06 33.59 33.53 0.07
60 23.72 23.67 0.04 28.97 28.91 0.06
65 19.57 19.55 0.02 24.43 24.38 0.05
70 15.73 15.72 0.01 20.03 19.98 0.04
75 12.18 12.14 0.03 15.79 15.76 0.03
80 8.95 8.92 0.03 11.84 11.82 0.02
85 6.26 6.27 △0.01 8.39 8.39 △0.00
90 4.25 4.28 △0.03 5.61 5.62 △0.00

■2 平成29年国民生活基礎調査の概況

 平成30年7月、厚生労働省は「平成29年国民生活基礎調査の概況」を発表しました。それによると、平成29年6月1日現在における全国の世帯総数は5042万5千世帯、平均世帯人員は2.47人となっています(図1)。

 

【図1】 世帯数と平均世帯人員の年次推移

世帯数と平均世帯人員の年次推移のイメージ

注1:平成7年の数値は、兵庫県を除いたものである。
注2:平成23年の数値は、岩手県、宮城県および福島県を除いたものである。
注3:平成24年の数値は、福島県を除いたものである。
注4:平成28年の数値は、熊本県を除いたものである。


 世帯構造別にみると、「夫婦と未婚の子のみの世帯」が1489万1千世帯(全世帯の29.5%)で最も多く、次いで「単独世帯」1361万3千世帯(同27.0%)、「夫婦のみの世帯」1209万6千世帯(同24.0%)の順となっています(図2)。


【図2】 世帯構造別にみた世帯数(千世帯)

世帯構造別にみた世帯数のイメージ

 65歳以上の人のいる世帯は2378万7千世帯(全世帯の47.2%)となっています。そのうち、「夫婦のみの世帯」が773万1千世帯(65歳以上の者のいる世帯の32.5%)で最も多く、次いで「単独世帯」が627万4千世帯(同26.4%)、「親と未婚の子のみの世帯」473万4千世帯(同19.9%)の順となっています(図3)。
児童※のいる世帯は1173万4千世帯(全世帯の23.3 %)となっています。児童数別にみると、児童が「1人」いる世帯は520万2千世帯(全世帯の10.3%)、「2人」いる世帯は493万7千世帯(同9.8%)、「3人以上」いる世帯は159万4千世帯(同3.2%)となっています(図4)。
※18歳未満の未婚の人


【図3】 65歳以上の者のいる世帯の世帯構造の年次推移

65歳以上の者のいる世帯の世帯構造の年次推移のイメージ

注1:平成28年の数値は熊本県を除いたものである。
注2:「親と未婚の子のみの世帯」とは、「夫婦と未婚の子のみの世帯」および「ひとり親と未婚の子のみの世帯」をいう。


【図4】 児童の有(児童数)無別にみた世帯の構成割合の年次推移

児童の有(児童数)無別にみた世帯の構成割合の年次推移のイメージ

注1: 平成7年の数値は、兵庫県を除いたものである。
注2: 平成28年の数値は、熊本県を除いたものである。


ページの先頭

Copyright The Foundation for Welfare of Educators'.All Rights Reserved.